2010年04月01日

無限のリヴァイアスを半分見ての感想

昨日リヴァイアスを一気に半分(12話)まで観た。大変面白い。欝アニメとかSF版蠅の王だと説明されるだけあり相応の内容なのだ。エヴァと同じく一応90年代のアニメだったと思うが、やはりアニメも映画も時代により大分雰囲気が違う。アニメでは絵柄や色やその他、書く人や作り手の違いとはまた別の違いもある気がする。映画も人間の顔は当時流行りの髪型などは除くとして変わるわけがないのに不思議と雰囲気、匂いに差異があるのだ。(勿論映像技術やが大きな要因とも考えられる)例えば60年代とか70年代辺りの映画は殆ど一目でそれと分かる。少なくともこれが1990年代後半以降の映画ではないだろうという事は一目で分かる。まぁ要するに、一昔前の作品の雰囲気っていいねぇという事だ。

蠅の王と言うだけあって本作は人間の善な部分と悪な部分のうち、圧倒的に後者を描く率が高い。圧倒的というのは過言があるが、常にあらゆる描写や人間に一定の危うさ、現実味のある危うさがあり、根っからの100%善人みたいな人物はあまり見当たらない。強いて言うならルクスンやかなり小さな子供二人程度が一切の悪意を感じさせないところがあるが、彼らに人間味がないかというとそれはない。特にルクスンは地位(これは後に剥奪される)とプライドばかりが高く、無能であるため、周りから大変嫌われており、本人は真面目なのだが全てが空回りした挙句、後に憎悪の対象となり追い剥ぎにあったり色々しながら料理当番や便所掃除や子守り役を熱心にこなして一人でトイレにも行けない子供とペアでなんとかやり過ごして行く。(元艦長)なんとも人間味がある。私にとって本作で最も魅力的なのは彼である。

続きを読む
posted by Moral Minority at 21:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。